ハセガワ1/24ランボルギーニイオタSVR プラモデルレビュー!


あのイオタが1/24モデルで!昔マルイプラホビーのキャノンボールイオタを買って以来の実に35年ぶりのイオタプラモデル!

今ハセガワしか売っていないんじゃないかな?

ってことでこれは買いでしょう!

早速レビューします。まず買ったのはこれです。

パーツとしてはかなり点数が多い。メッキパーツ、メタルパーツシール、デカールと充実しています。ホイールもメッシュの深いリム仕様となっております。

組み立て手順書です。パーツはこのくらいあります

開閉部分はありません。

リアカウルもフロントカウルも開きません。当然ドアも開きません。

その代わりリアのブラインドからひっそりとV12エンジンが見えます。さらに運転席後方からもエンジンがチラリ。

作成中のイオタ。リアにエンジン見えますよね

ハセガワイオタの特徴

ホイールがすこぶる素晴らしいメッシュ部分はゴールドで塗装。メッキの上からメッシュ部分を吹いたけど全然剥がれないんで、メッキの上からで大丈夫でしょう。ハイターでメッキを剥離しようとも考えたけど、リムの部分はメッキが魅力的だったんで、リム部はマスキングし、ゴールド吹きました。

背景は田舎の風景。わざとピンボケさせて本物っぽく(本当?!)80パーセント出来た状態

コクピットもシートベルトまでデカールで再現しています。

フロント部(完成!)

作成しやすさは問題ないです。それほど苦労しないで済みました。それなりの腕と道具があればそこそこかっこいい、飽きないイオタが完成するでしょう。ヘッドランプのカバー内部はシルバーに着色する指定がありましたが、ボディ同色の方が好みだったので、まあお好みでいいと思います。本当はシルバーに着色ですよ。

あと、ヘッドライトカバーの透明パーツは普通の接着剤ではうまくいかないと思います。やはりイオタでもこちらの接着剤がお世話になりました。→透明パーツの接着について

ハセガワイオタギャラリー!

こんな感じで作れます。皆さんはもっと上級者だと思いますが・・・・参考になれば幸いです。

シートベルトやエンブレムのメタルパーツ縁取り、シフトチェンジパネルのメタルパーツ、リアガーニッシュのエキゾースト

この写真はまだ未完成

かっこいい!!

こちらの背景はジオラマ壁紙というのを買いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする