ハコスカ 1/24プラモデル(フジミ模型)レビュー!


ハコスカはGTXをマブダチが当時乗っていました。そもそも大好きな旧車の一つ。当然プラモデルも様々なメーカーで販売しております。今回金欠なので一番安いフジミ模型をチョイス。

まず完成がこちら

購入したフジミのプラモデルはこれ

で、レビュー行きましょう。

まず特徴を羅列しますと

  • ホイールはワタナベ
  • タイヤが太すぎる
  • ディスクブレーキが再現されていない
  • シャコタン可能
  • フロントライト回りがメッキパーツ不使用で塗装が難しい
  • ロールバー
  • バンパーはメッキじゃない
  • エンジンなし
  • フロントタイヤ可動
  • もともとのボディーカラーはシルバー

こんな特徴です。良くも悪くもまあ値段が安いんで妥当でしょう。

今回去年展示品の本物ハコスカを武蔵村山のイオンモールで見ました。これです。それをまねてボディカラーを決めました。

20171112武蔵村山のイオンモールに展示された本物のハコスカ

選んだ色はタミヤのTS-85 ブライトマイカレッドです。それで塗りました。下地の色がシルバーだったのでべつにサーフェーサーも吹かずそのまま塗装。

なかなか実写に近い色合いです。タミヤのカラーは発色も良く艶もすごいです。最高ですね。

テール回り

フロントは昭和45年タイプと46年タイプが選べます

このホイールはアオシマでオプションパーツとして買いました。

アオシマのオプションはオフセットもハコスカにぴったりで純正のワタナベホイルよりしっくり決まりました

シャコタンにすると純正ワタナベの場合ボディのタイヤハウスに当たってしまいイマイチです。そこでオプションで他社のアオシマから調達しましたが、ぴったりです、シャコタンが決まります。ノーマルの車高だとフロントの方が隙間が大きくてアンバランス。リアをノーマル、フロントをシャコタンにしてドンピシャでした。

エキゾーストマフラーは鉄製(アルミパイプ)で再現されておりGOOD!

他社でのハコスカは?

ハコスカは人気車両。タミヤやアオシマからも発売されております。タミヤ、アオシマは安価なフジミ模型より値段が張る分、もっと内容が良いと思います。

簡単に、そして安く、最低限のクオリティで良いならこのフジミ模型を、もっと上を目指し、エンジンを再現、ディティールにこだわりたいならタミヤ、アオシマという風に選べばよいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする