スポンサーリンク

アオシマ 1/24 ザ・モデルカーシリーズ ニッサン KPGC10 スカイラインHT2000GT-R 1971 プラモデルのレビュー

ハコスカ2ドアのプラモデルを買いました。ハコスカはいろんなメーカーで販売しています。アオシマやフジミ、タミヤですね。

フジミの4ドアのハコスカも買ってレビューしていますが、今回は2ドアです。

アオシマ ザ、モデルカーシリーズ ハコスカ2dr

部品点数はそんなに多くはないですが、必要な部分はしっかりした設計のようです。エンジンは再現無。ディテールとしては申し分なし。

アオシマハコスカの特徴

まずホイールが2種類あります。メーカーの完成写真には黒鉄チンホイールで作られていますが、付属のロンシャンで作りました。しかも八の字シャコタンにもなるんです。

マックスの角度でシャコタンにしたところ

カチカチと3段階の設定ができます。いろいろ角度がつけられるのが楽しいです。しっかり接着剤で固定しましょう。稼働するため剥がれる懸念はあります。たっぷりの接着剤を使用しました。

メッキパーツの充実

アオシマのハコスカはしっかりメッキパーツが用意されています。フジミはメッキパーツがなかったのでリアル感が乏しかったけど、アオシマは素晴らしいです。特にバンパーはメッキパーツじゃないとリアル感を感じません。ここが良いところでしょう。

旧車のメッキバンパーはやはりメッキパーツが必要不可欠。フロントグリルはメッキパーツではないので、メッキシールを貼りました。
リアのバンパーだけじゃなくて、ライト回りのフレームもメッキパーツ

フジミも旧車のメッキバンパー車はぜひメッキパーツを用意していただけたらうれしいです。話し戻しますと。

エッジングパーツ

エンブレムはデカールと金属のエッジングパーツと選択できます。エッジングパーツには色を塗っておきます。お手本を見ながら色を塗ります。

スカイラインの部分はそのままマークの右をレッドに塗りました

内装周り

メーター枠はシルバーで塗装

内装も六連のメーターもリアルで、ドア内張もしっかりあります。また、左右のウインドウは解放しています。

まとめ

アオシマのハコスカはかなり忠実に実車再現しています。友人がハコスカを乗っておりました関係上、何度も実車を見ており、再現性は素晴らしいと思います。

比較参考→フジミハコスカ4ドアのレビュー

実車のかっこよさを忠実に再現していますね

フジミのハコスカは4枚でフロントグリルも違いますが、やはりメッキパーツは大きなリアル感を生み出します。

  • 八の字シャコタンの角度が3段階で可変する
  • バンパーはメッキパーツ
  • エンブレムのエッジングパーツ
  • ホイールは2種類で好きなのを選べる
  • ディテールは実車に忠実

アオシマハコスカ2ドアをアマゾン販売ページはこちら