スポンサーリンク

プラモデルのメッキ塗装方法

2020年9月5日

車のパーツでメッキに仕上げたい部分はありますね。大抵そんな部分はメーカー側でメッキ加工してくれているのですが、安価なキットだとメッキパーツすら存在しないことも。また、大抵窓枠はメッキ加工されていないため、旧車などの窓枠のメッキ加工したい人もいるかと思います。

フロントグリル周りと窓枠はハセガワのミラーフィニッシュを使用

メッキは電離層でパーツに蒸着させるという特殊な方法なので、一般的に自宅などでは難しいです。メーカーが用意しているメッキパーツと同様な仕上がりを自宅で作り出すことは困難です。というか無理。なので代替え方法となります。いか代替え方法を2つお伝えします。

関連→窓枠の塗装方法

2つのメッキパーツ作成方法

1つめ

メッキ塗装を使ってみる
ハイパークロームAgという商品があるのですが、メッキ粒子が入った塗料を塗装するというものです。
こちらの塗装仕上がりはメッキメッキして素晴らしいのですが、いろいろ準備や必要なものがあり、成功させるのがちょっと難易度高そうです。下地なども工夫が必要です。筆者はもっと手軽な方法があるため、そっちを使っています。
参考→電撃ホビー

手軽なメッキ風塗装として、メッキ仕上がりとはいかないまでも、かなり秀逸なメッキ近似になるペンが発売されています。つや消しメッキ仕上げ程度のクオリティになるのと、下地がある程度明るい色であるなら使えるという手軽さも魅力。それがタミヤのペイントマーカークロームメッキ。

タミヤのパイントマーカークロームシルバーを使って窓枠を塗装

ちょっと見にくいので比較として写真貼ります。バンパー下地にアルミシルバー。一部分にタミヤのペイントマーカークロームシルバーを塗ってみました。違いが判りますね。

バンパー塗装で全体がタミヤアルミシルバー。手前の少し塗ってあるのがタミヤペイントマーカークロームシルバー

手塗はどうしてもムラが出やすいという人はミスターカラースプレーの90番、シャインシルバーを使うっていう方法もあります。最近はこれを手軽に使っていますが、どうでしょう。タミヤのクロームシルバーより明るめです。

左のケンメリバンパーはメッキパーツ、右のノアバンパーをシャインシルバーで塗りました

2つめ

ハセガワなどの販売しているメッキシールを使用。
こちらは現実的で、手っ取り早いです。ハセガワが販売しているミラーフィニッシュを使用します。こちらが一番仕上がりといい、手軽さからおすすめといえます。


100均などで売っているアルミテープを使うのもいいのですが、艶がないため、メッキメッキしている表現を出したいならちょっと不向きです。やはりハセガワミラーフィニッシュでしょう。

Nコロの窓枠は100均のアルミシールを使いました。そこそこの仕上がりかと。

考え方として

トミカに代表されるミニカーですが、メッキパーツに使用する部分はシルバー塗装となっております。それでも満足いく仕上がりです。(個人的に)なのでシルバー塗装でもよしとするのも一つの方法でしょう。(納得させる口実としてですね)

大人のトミカの2000GT窓枠はシルバー塗装。メッキ処理じゃなくても素晴らしいと思います。


トミカで3500円する大人トミカの2000GTもメッキ部分にシルバー塗装となっています。
納得してシルバーで代用するという考えもありと考えますが、あくまでも個人の主観的な問題です。

どうしてもメッキにしたい!しかも手軽に!とお考えなら間違いなくハセガワミラーフィニッシュがおすすめです。