アオシマのプラモデルがひどいってなに?

グーグル検索でアオシマの次の予測キーワードにでてきますが、何のことなのか検証しました。

一体プラモデル優等生のアオシマ製品がひどいとは意味が不明ですので・・・

とはいうものの思い当たる節が無いわけでもないけど、ひどいって程でもないのですが。

アオシマの何がひどいのかカーモデルで検証

『確かにちょっとここは難ありだな』という事例を紹介します。アオシマ製品に限らず多少は『ちょっと改善してほしいな』という部分はどのメーカーさんもありますが。

1.日産のS30フェアレディZですが、パーツ点数が極端に少なく、内装の内張もありません。しかも値段が安いわけじゃない。

これはチープ感ありますよね。内張はフェルト貼りでごまかし。タイヤハウスがあるのはGood

タミヤは値段とクオリティは値段に比例します。アオシマはその比例が多少は当てはまるものの、S30フェアレディZはこの品質でこの値段・・・とちょっと不満にはなります。外観ディテールが素晴らしいため、良しとしますけど。

2.10型初期ソアラグラチャンシリーズはグラチャンだからきっといろいろパーツもあってとワクワクしてパッケージを開封するも、パーツ点数少な目、シャシーはなんとタイヤハウスもついてないんです。さすがにタイヤハウスが無いのは嫌だったんでプラ板で自作しました。さらにヘッドライトのリフレクター部が昔のムギ球を入れる構造となっており、そのままメッキ塗装したとしても10型ソアラの雰囲気が出ません。なので、ここはパテで埋めて、さらにリューターで削り出しし片側2頭式に改造しました。

タイヤハウスくらいはつけてほしかった。バスタブは深いためOK
ムギ球しこむケースの形状がそのままヘッドライトの透明パーツに影響されるため、リアリティがない
なのでパテでムギ球スペースを埋めてリューターにてリフレクターを造形。これでメッキを塗り、透明パーツをつけるとかなりリアリティアップ

3.330グロリアですが、こちらは少しの改善点だけですが、ヘッドライトリフレクター部品がありません。なのでメッキシールを貼るか、透明パーツを着色するかになります。リフレクターがないとさすがにリアリティに欠けますので、いずれお湯丸で型どりしレジンで自作しようと思います。

リフレクターがないと奥行が感じられずリアリティ無。いずれ改造してリアリティアップさせます

4.車ではなくバイクですが、ゴリラはヘッドライトのカバーと透明パーツ、リフレクターがメッキパーツ一体となっています。さすがにリアリティに欠けるとは正直思いますが、これは改造は困難と判断。これで良しとします。

ヘッドライトのリムとライト部が同じメッキパーツって100均のおもちゃレベルと厳しい意見を言わせてもらいます。しかし企画がうれしいんでここは我慢

もしプラモデル初心者が始めてカーモデルの製作をするならアオシマのスナップキットあたりでしょう。1/24スケールならタミヤの安価シリーズ。例えば2000円以下で買えるR32GT-Rかなと。アオシマしかほしい車種や企画がないならアオシマを迷わず買って、以下の筆者感想を少しでも意に止めておくと良いでしょう。

アオシマ製品100台以上作った筆者の感想(Good or Bat)

  • アオシマ製品は企画が多いためアオシマ製品を買う頻度が高い→ワークス、グラチャンなど超絶うれしい企画多いでしょ!
  • 1990年台後期からの製品はクオリティが高い(タミヤと遜色ない)
  • 古いモーターライズ品流用品にちょっとひどい製品が入っていることが多い→ディスプレイモデルと書いてある商品は大体満足
  • パーツ点数が少ない、リアリティが低い製品でも、テクニックを駆使していくらでもリアリティアップ可能→つまりこれが楽しいと思える部分あり
  • 値段がそこそこ高い製品は高品質とは限らない
  • たまに説明書とパーツのナンバリングがあっていない→パーツから自分で読み解く
  • 超レアだけど2台組めるキットが存在→X30マークツーを買うとチェイサーも組める。アルトを買うとセルボが組める。もっとあるかな?!
  • サスペンションギミックがある製品だとお得感がある