スポンサーリンク

トヨタカローラレビン AE92プラモデルレビュー(ハセガワ)

AE92のプラモデルはレース仕様のアオシマは売っていましたが、ノーマルがいよいよハセガワから発売されました。2020年8月です。元オーナーだったので即買いです。

ボンネット、前後バンパー、エアロが別体で組みやすい

さっそくアマゾンで予約注文して到着、製作しました。

AE92ハセガワの製作

まず細かい内装の柄がデカールで再現されています。シートのファブリックがデカールのため、かなりリアルにできます。

接近してみると下手ですが、それなりにかっこいいです

しかもインパネのボタン類までもデカールで再現されているため、実車に忠実です。実際に乗っていましたのでわかりますが、本当に忠実でびっくりです。

デカールはモールのメッキ部、シートのファブリック部、計器類など充実。しかしテクニック必須

パーツ点数もエンジンは下回りだけですが、多く、細かい作業もあり楽しい製作となりました。

ホイルは2種類

アルミホイールは純正オプションの星形とスチールホイル?!の2種類から選べます。ホイル部品から軸が出ているタイプのためもし折れてしまっても変えられるため将来の破損にも対応できそうです。結構この手のタイプは軸が折れやすいんです。(AE92は小さいためあまり折れないと思う)

窓枠の塗装は透明パーツ部分はマスイングシールがあるため便利に塗れます。しかしモール部のメッキ部がデカールになっています。これが難しくてしょっぱなで失敗、結局塗装することにしました。同様にドアのモール部もデカールだったためこれはハセガワのミラーフィニッシュとしました。これはお好みでしょう。

モールにミラーフィニッシュ。デカールは俺には無理!

モール部品がボディ別体のため、もしGT仕様やGTV仕様にする場合も塗りやすいかと。デカールはGTアペックス仕様がメインですが、GTVのステッカーもあり、お好みに作れます。まあ高級感があるのはアペックスなのでアペックス仕様としました。

純正エアロパーツもあるため当然すべて付けました。リアスポ、サイドステップですね。

エンジン再現が下回りだけなのにボンネットが別体になっています。

下回りもパーツが別体部品が多くリアル
予備ホイルをボンネットにしまってます。なくしちゃいますからね。

リアのテールランプ塗り分けがちょっと難しいです。上下のクリアスモーク塗装がちょっと難しかったですがうまくいきました。

いやあ懐かしい。

かなり実車に見えちゃう
初代AE92なのでフォグランプを黄色に着色

最近売っているところ少ないので、アドバン仕様を買ってノンデカールにしてもかっこいいかも。アドバンホイルかっこいいので。