アサヒペン 水性多用途スプレーのクリヤをプラモデルに使える?!

アサヒペン 水性多用途スプレーを島忠ホームで見つけて、注意書きを見てみるとなんと、スチロールが使えるとありました。多用途スプレーとあるのでひょっとしたら?!なんて淡い期待をもったら以外に使えるそう!

下記の表示以外の使用はしないでとありました。

アクリル、硬質塩ビ、ABS、スチロール以外のプラスチック

普通プラモデルはPSなのでポリスチレン。ポリスチレンはスチロールとも言われるためばっちり使えそうです。試しに買ってみました。

まず、いつもはクレオスの水性トップコートを使っていますが、噴射が固くて微調整しにくいのと、噴霧の粒子が大きくて塗りにくいと個人的に感じていました。

見事にこのアサヒペン 水性多用途スプレーはその悩みを解消してくれました!しかし塗り方のコツがありますが・・・

アサヒペン 水性多用途スプレークリヤのレビュー

塗りやすいです。噴霧粒子が非常に細かいです。あと、前に噴射する作用が若干弱いため、プラモデルにかなり接近させて塗ることができます。臭いもクレオスの水性トップコートと変わらず刺激臭はありません。

乾燥した塗膜は結構強くて問題ありません。もちろんぶつけたりすると剥がれますが。

デカいスプレーなのでなかなか減らない!
フェンダーの艶が素晴らしい仕上がりです。あとはコンパウンドで磨くだけ!

光沢も申し分なく、満足いく仕上がりです。量も420mlとクレオストップコートの4倍ほどあります。価格は倍程度高いですが。コスト面で言うと2倍ほど安くておすすめです。

アサヒペン 水性多用途スプレークリヤの塗り方のコツ

初めて使ったときはうまく行きませんでした。試行錯誤した結果以下の方法で満足のいく結果が出たためお伝えします。

  • 通常の距離で塗ると砂吹きになって艶が出ません。
  • 距離は10センチ程度の近距離で塗ります。
  • 動かすスピードはゆっくりです。前に噴射するより全体に噴霧するイメージのためです。
  • 噴霧粒子が細かいため、液ダレしにくい。
  • 塗りすぎた!と思っても水性で乾燥に時間がかかるため重力で比較的なだらかになる。
  • 1時間くらいで硬化します。しかし水研ぎやコンパウンドはだめ。数時間経過させるべき
真ん中ボンネット付近は思いきり量が多くなりましたが重力で目立たなくなりました

どうしてもクレオスやタミヤカラーの安心感から他メーカーの使用は心配でしたが、成分はほぼ同じなので安心して使っています。

クレオストップコートもアサヒペン 水性多用途スプレークリヤも以下を使っています。

合成樹脂(アクリル)、水、有機溶剤

使用感、仕上げ具合が違うだけで、いろいろ試す価値はありそうですね。試して正解でした。