ソイジョイと一本満足バーの比較

同じ値段域でコンセプトも同じの大塚食品のソイジョイ、アサヒフードの一本満足バーですが、どっちを選べばいいのか比較してみました。基本コンセプトが同じなのでどっちでもお好きなのを食べればいいでしょう。

1本でおなか満足!これからの元気をガツンと補給する栄養調整食品です。

味、食感の違い

ソイジョイはしっとりしてます。一本満足バーはシリアルベースなのでサクサクしています。どちらも正反対の食感ですが、うまいですね。

一本満足バーやソイジョイはどれも美味しくて満足度が高いですよ。いろいろ便利です。

腹持ちは

腹持ちってダイエッターや残業でおなかをちょっと満たしたい人なら結構重要な要素です。この両者ですとソイジョイは大豆たっぷりですし、一本満足バーはグルコマンナンが入っているため、満足感は互角でしょう。体幹的にそう感じています。

どちらもそこそこ満足感は得られるはずです。大豆類は水分を一緒に摂ることで膨れますし、同様グルコマンナンもこんにゃく成分なので、水を一緒に摂ることで膨れるという両者の持ち味なのです。これらを1本食べるときは水分も一緒に摂ることでより満足感が得られますよ。

ダイエットの置き換えは

置き換えに大事なのは空腹感を少しでも減らすこと。つまり満足感ですね。この満足感はすでに述べましたが、両社とも成分の違いこそあれ、互角です。では他には何が必要でしょうか。ダイエットに必要なのは糖質があまり多すぎないこと、当分の吸収が穏やかな事も大事になってきます。このことはGI値という基準で可視化できますが、ソイジョイは低GI食品であると書いてあるため、糖質の吸収が穏やか、すなわちダイエットに有利となります。

脂質とカロリーは味にもよりますが、平均するとほぼ互角と言えます。
ダイエットに使うなら低GIということで若干ソイジョイに軍配があがりますね。よく気になるのがカロリーですが、どちらも1本200キロカロリーも無いため、ごはん一杯より少ないので安心ですね。

トレーニングには

トレーニングにはやはりタンパク質豊富なソイジョイでしょう。トレーニング後に1本ソイジョイを食べることでプロテインを摂ることになるため、より筋力アップにつながります。
しかし、
最近は一本満足バーにもプロテインシリーズが仲間入り。こちらは大豆パフで作られたタンパク質が15グラムも入っています!

ちなみにソイジョイ1本でタンパク質6グラム前後なのですが、一般的なプロテインドリンクは15グラムほどタンパク質が入っています。なのでソイジョイで半分くらいは補えるのですが、一本満足バープロテインシリーズはプロテインドリンクと同程度のプロテインが摂れます!
どちらもトレーニングにはおすすめです。そもそも食べるだけなので便利ですね。運動後30分くらいに食べるのがおすすめ。