頭が良くなりたい!


現在大変頭を使う仕事をしている筆者ですが、やはり頭が良くなりたいです。
頭が良くなりたいならこれをやりましょう!

プロから学べ!

その前に。
人は焦ったり、緊張すると本来のパフォーマンスが下がります。これですね。

しかしその反面、火事場の馬鹿力というのもあります。

火事場の馬鹿力は試験前日のあの一夜漬けの勉強している姿を想像してください。おそらく誰でも経験あるんじゃないでしょうか。すごい集中力で睡眠時間も削って頑張った記憶が。

でもそれはあくまでも最後の砦であり、毎日そんなこと続きません。継続は力なりで、火事場の馬鹿力を発揮させるのは試験などの数週間が限度かと思います。

現実的な方法として、リラックスして、淡々と勉強をこなすことが基本的な方法となります。

それらを踏まえたうえで、実際に頭が良くなりたいなら、すごく簡単な方法があります。

敷居が低くプロから教えてもらおう

それは、自分の目指すことに対して既に達成している、しかも教えるプロから手ほどきを受けてもらうことでしょう。筆者も現在すごく難しい難解な仕事をしておりますが、わからないことをまず自分の力で調べます。

しかしどんなに調べても、実践してもわからないものはわからないし、焦りも生じてきます。そんな時はプロにわかりやすく教えてもらうことが最も近いです。

例えば英語の文法。もちろんルールとして覚える文法がありますのでそれは覚えます。そのうえでいつどのタイミングで助動詞なのか等が見えてこないです。

しかし、英語がペラペラの人だったら簡単ですよね。それをわかりやすく伝えられるかどうか。プロはわかりやすく、わからない人が迷わないようにツボをついて教えてくれます。なので教えるプロから手ほどきを受ける。これ大事なのです。

だから進学塾っていうのがあるんです。林修先生はもちろん東大出身で天才ですが、教えるのも天才です。だからあれほど人気者になったのですが、教えるのがプロな人は林先生だけじゃないです。有名どころの先生はいっぱいいます。

そんな先生たちからマンツーマンで教えてもらうのが一番良いのですが、人気があるのでその塾にすら入ることが難解ですし、金額もはるでしょう。さらに自分のテリトリー圏内じゃないかもしれない。

だから現実的にこういったサービス→スタディサプリ
が助かるものです。人気有名塾の講師が躓きそうな問題をわかりやすく解説する動画なので、見るだけで納得しちゃいます。学習のタイトルがついているため、学びたい動画もすぐに見つけられますし、動画なので、じっくりストップゴーさせながら再生可能です。

頭が良い人を見てください。みんな優秀な人から指導受けていますよ。仮に有名じゃない塾にいる人で天才がいますが、それは、その塾の先生の教え方がその天才にマッチしていたということ。

簡単な方法ですよね。だから敷居が低いと書きました。
だって例えば貧困生活の人で頭が良くなりたい!これ無理でしょうか?塾に行けませんよね。そんな余裕がない人が多いです。貧困層でできないことって難解なんですよ、簡単ってことは誰でも実践が限りなく可能ってことです。塾ですと月謝が1万とかかかります。何教科も申し込むと数万円です。それが5教科もあってこの値段です。
1000円でおつりがくるんです。多少貧困でも月に1000円は頑張れば可能かと思いますが。なのでこの部分は個人的にクリアー。

ある程度加速がつけばどんどん進む

わからなかった勉強が少しづつわかってくると人は不思議なもので、どんどん進むんです。わからないから止まってしまうんです。

例えば坂道を下ることですね。

自力では滝に向かうようなもの・・・

登りは止まると落ちますし、平坦路は人力で進まないと進みません。下り坂は傾斜がきつくなるほど加速します。わからない状態がまさにそれで、目の前が上り坂なんです。自分で拒絶しているところが壁状態。この壁が徐々に倒れていき、やがて下り傾斜になる。この努力は人の手を借りましょう。

そんな手助けがこの金額です。→スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

所詮は勉強をしないと頭なんか良くなりません。その手助けは人に借りましょう。自力ではなかなか厳しものがあります。

学問だけじゃなく知性も

頭が良くなりたいというのは学問に限ってのことじゃありませんね。

博学で、知性も優れた人物になってください。自分の尊敬する人の行動なども参考になさると良いでしょう。もちろん悪い人をあこがれにするのではなく、立派な人を参考に考え方などを学ぶと良いかもしれません。

天才のホリエモンは個人的には好きですが、ちょっと斜に構えている人とも思えます。正直怖いかなと。これはこれで個性なのですが、敵も多そうです。どうせなら敵を増やさないで生きるのも賢い生き方かもしれません。参考までに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする