藤岡弘、コーヒー ありがとう


おいしいコーヒーを求めて高いけど買って飲んでいます。高いと言っても1杯100円くらいですよ。自宅で飲むには高いのかもしれませんが、おいしすぎます。これ結論。

味ですが、筆者はカルディーなどのコーヒーショップで高い銘柄ばかり好んで飲んでおります。いくら高くても舌に合わないものもあり、ちょっと冒険要素が高いのですが、藤岡、珈琲だけは飲まなければならない!との思いから半年前に購入。今でも飲んでいます。土日限定の楽しみです。

ヨーカドーやネット通販で入手している藤岡、珈琲。癖になるうまさ

小冊子に細かいコーヒーの淹れ方指南が書いてあります。有機ペルーの豆です。ペルーは南アメリカですね。

味としては苦みと酸味が個人的に完ぺきと思える最高の味。フルーティーともいえるほどの唸る味です。褒めてばかりでダメなレビューなので悪いところも書きたいのですが、無いです!

このおいしさが1杯100円程度で飲めるので、悪いところなど書けるはずがないですけど。

淹れ方は皆さんご存知の通りです。まず熱湯を若干冷ましてから、ゆっくり高所からお湯を注ぎます。この時の勢いを増すために珈琲用のポットを買いました。口が細くて勢いが強くなるあれです。

このポットから50センチくらい下のコーヒーにめがけてお湯を注入します。コーヒー豆が湿る程度で少々蒸らします。またお湯を落とします。

規定量のお湯を淹れたら出来上がりです。藤岡弘、は茶こしでかき混ぜて提供するらしいですが、まあこれはやっていませんけど。

さらに肝心なところはありがとう

珈琲を蒸らしているときに「おいしくなってくれてありがとう」と心に念じながら珈琲を淹れます、これで本当においしくなるそうです。

実際に花に話しかけると元気になったり、人だった褒められたらうれしいのと同様に、珈琲だっておいしくなるのは自明の理ですからね。

いいじゃないですか、よくわからなくても。おいしくなったって思えれば。

パッケージが読みにくいので概要を書いておきます。

ペルーのコーヒーは6000m級のアンデス山脈を望む地でインカ帝国の人々で育まれています。藤岡、弘が厳選した豆です。

有機JASマークは3年以上化学合成された肥料や農薬等を使用しない農産物です。

とことんこだわった一級品です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする