スポンサーリンク

お金がなくていつも夫婦喧嘩

毎月の恒例行事として月末の夫婦喧嘩。理由は月末から始まる支払いの対応。

かれこれ3年ほど激論のすえ俺自身の自己嫌悪と、膨らむ借金でとりあえず矛を収めるという何とも後味の悪い習慣ですわ・・・

その3年の間にプラマイゼロとなった月があったためその月を見習って今後に生かしていこうと思いますが、なぜその月は借金が増えなかったのかと振り返ると。

結論から言いますとしっかり妻に説得して生活費を抑えたことだけ。

我が家は住宅ローンやら太陽光ローンやら車のローン(たかだか30万の中古車を3年ローンにしている)、各種保険、末っ子の習い事などなどで支払いが大変です。現在住宅ローンと太陽光ローン以外の借金は300万円ほど。これ3年前は無かったんですよ。ここ3年で作ってしまった借金。まあ俺の仮想通貨投資の失敗100万ほどありますが・・・

それがなかったとしても借金は200万に膨れていたのは生活費であります。ここ抑えられるならきっと借金は膨らまないはずです。

で、肝心の収入ですが、
俺自身何とか20万ほど月にあります。(大変少ないです。会社員で言う年収は370万円ですね。個人事業なので青色申告してますが、会社員と比較すると年収370万のサラリーマンとほぼ一緒)
妻はパートで月に8万円。働いている子供3人が5万プラス5万プラス3万で13万食費として入ってくる。末っ子は小学生なので子供手当てが毎月1万円は省略。

トータルで我が家は41万円が収入として入ってくる計算です。しかし。

  • 支払いはざっくりと
  • 住宅ローン 10万
  • 太陽光 2.5万
  • 消費者金融借金 4万
  • 学資保険 1万
  • 生命保険夫婦分 3.5万
  • 末っ子の習い事 1.5万
  • 車のローン 1.5万
  • 電気代2万
  • NTT 0.8万
  • 水道とNTT月換算で 0.6万
  • 車任意保険 0.5万
  • だまされた教材の月払い 0.5万
  • 末っ子の給食費と積立など 0.8万
  • 夫婦スマホ 0.5万

最低限必要なのは29.7万とざっくりですが。自分の事業経費は無視しています。(相殺して手取り20万くらい平均)

住宅の固定資産税であったり車の車検、税金、ガソリン代、こういったものもかかりますし、住宅で傷んだところは直したりします。この間IHクッキングヒーターが壊れて5万円出費とかですね。これらを平均して2万とすると、大体32万は月にかかってくるのです。これ固定費ですね。
9万残ると思われます。しかし家族6人です。末っ子だって体が大きいし大人並みに食べますので大人6人と同じです。
9万円で生活費を抑えれば借金にならないのですが、3年間たった数度しかこの生活費を抑えたことがありません。

生活費を抑えるコツ

何度か抑えた月があった最大のコツはこのように赤裸々に可視化することです。つまり出納の棚卸です。このようにブログに書いていますが、自分のためでもあるのです。

子供たちがボーナスがある月は確かに潤っています。ボーナス月は2万円プラスさせているためまあ当然この月はプラスです。それをしっかりキープしておきます。

それ以外の月は、

9万円を日割りすると3000円です。1日3000円だけ使って生活するのです。コープをやっていますので、コープがくる分も考慮して買い物させています。
1週間で21000円以上使わないようにします。コープが8000円なら13000円だけをこの週に使う、それ以上はみ出さないようにするのです。

基本働いている子供たちは平日昼間は自分で会社で食べるわけですから、9万円あれば大丈夫です。1日3000円ですよ!

平日は朝晩だけ用意するだけ。朝なんか食パン1斤と卵とか野菜で足ります。具体的に書くとヨーグルト500CCが100円。卵6個で100円。パン1斤100円野菜が大体300円。合計600円です。7日で朝食のみ4200円。夜は倍で計算すると8400円。
土日は昼食も含めるため、4回分を加味すると18000円。これらに雑貨品もありますね。ティッシュだったり飲み物だったり、洗剤だったり。そうすると21000円がギリギリなのかなと思います。

現実何度か月9万円で食費と雑貨を抑えた月がありました。

かみさんに暴言を吐かないように

今でもやばいと思って我慢するのですが、「無駄使いするな!なんでこんなの必要なんだよ!」って暴言をいつも言っていました。そのたびに、

「私は365日家事洗濯食事で休みなし!」って逆ギレされていますが、彼女の意見ももっともです。子供たちは基本食費は入れるもののほぼ家事の手伝いとかしませんし。親が悪いのですがね。

ちゃんと教育していたら長女などまっさきに使える人で洗濯とかさせるのですが、一切やりません。この辺も反省しつつ、奥さんの意見も尊重し、
「大変なのはわかるが、極力抑えよう」と言い励ますしかないですね。節約レシピ本をプレゼントするとかもいいでしょう。

大事なことまとめ

  • まず出納の棚卸をする。
  • 固定費はいくらかかるのかしっかり把握する。
  • その中でいくら生活費が捻出できるのか確認する。
  • その生活費を超えないように日割りで計算し、守っていく
  • 奥さんに対して怒鳴らない

家庭

Posted by admin