暇さえあれば寝る

筆者はなかなか忙しいと自分では思っています。フリーなんでとにかく休むという概念がないんです。いや、仕事をするという概念すらない。サラリーマン時代は残業ばかりで帰宅が22時くらい、それから子供とちょっと交流したり家族のために少ない時間を使ったり。
土日は休みだったんで、家族サービスがメイン。さらに現在のフリーランスの礎として副業もしておりました。
睡眠時間は1日5時間程度でした。1時に寝て6時に起床。土日はその分睡眠時間は8時間たっぷりでした。

そのような多忙な(もっと多忙な人もたくさんいます)生活をしているなか、ダラダラ惰眠をむさぼるような生活はできません。というかもったいないって思います。

暇さえあれば寝ているのはうちのかみさんです。

当時わたしがサラリーマン時代、残業と副業で年収もたっぷりあり、子供も小さかったため専業主婦でした。

たっぷり時間があるにも関わらず晩ご飯の時間が夜8時とかです。

掃除もほぼやっておらず私が休みの日にやるという状態でした。

たっぷり時間があって何たる体たらくなんでしょうか・・・相当怒りをあらわし、怒鳴ったことこと数知らず。

言い訳として子供を寝かしつけてたら一緒にねちゃった。目覚めたら夕方過ぎ・・・・

これ仕方ないです。

人は緩むと途端に緩む生き物

切迫することがない、いわゆる本当にストレスがない人ってだらしないです!

一般的な人にそんな人いないと思いますが、例えば親が金持ちでその親パワーで仕事もせず遊んで暮らしているニート。

引きこもりとかニートとか最近騒がれていますが、そのようにしてしまったのは親のせいです。(ズバリ)

批判もあると思いますが、親が確実に悪いです。親が甘やかすと子供もだらける。いいことなんかありません。

私自身親はほぼ放置プレー。金もなく高校生からアルバイトをやりまくりでした。部活もあり、アルバイトもあり、彼女もいたためデートも欠かさず。バイクが好きでバイクを買ったり免許と取ったりとお金がたくさん必要でしたが、高校生時代ですべて手に入れていました。バイクと車の免許、バイクは高校時代に3台乗り換えたり、車は高校卒業後にすぐAE86を買ったりと。

高校卒業してすぐに働き、当時はバブルで残業が鬼のようにあり、さらにパワハラなどという言葉もなく、相当劣悪な職人をしておりました。平成元年で残業は月に最高80時間を記録、当時は週休二日などないため、ほぼ平日にこの残業時間です。

たいして体力もあったわけじゃないんですよ。それでも毎日帰宅して残業をこなし、日曜日はデートだドライブだと遊びまわっていました。これ忙しくて大変ですが、頑張っていました。

どうでしょう。ダラダラ寝ている時間なんてないんです。忙しすぎて。

それが、仕事がなくなったとたんにうちのかみさんにしてもそう。

追い詰められていない状態ではだらけるんです。いくらでも寝れちゃうんです。

うちの子供は大学に行くべく学力が大してないため、学費など出さないとはじめっから言っていました。大学なんて勉強したい人が自分の意志で行くところだ!

猫も杓子も大学?勉強する意志もないのに親が半強制的に子供に大学意味など全くないでしょう。甥っ子が偏差値相当低いのに大学に行っています。義理の兄は社長なので金持ちであり、ボンボンです。覇気もなく、見た目だけは立派。労働意欲もないし大学生なのにバイトもしていない。親が小遣いあげている始末。こんな人間が立派になるんだろうか。

彼も睡眠時間が10時間だと言っていました。20歳そこそこの若者が10時間睡眠だと?!ありえない。

危機感を持ってもらいたい。親がいつまでも生きているのか?

うちはみんな18歳から働いているし、家に5万円月に入れてる。決して甘やかさない。

こうすることで子供たちも自立して精いっぱい無駄なことをしていないと思う。

どうでしょうか?

将来のために何かアクションを起こすべき!

長期休暇でダラダラしているより、会社から帰ってきた後の方がビール旨くないですか?充実していませんか?

この充実感がないと

いつも眠いなんて言っているんです。

充実感ありますか?

もしないなら自分を追い込んでください。忙しい環境に。そうすることでやることがたくさん生まれて、寝ても眠いなんてなる以前に、寝れないほど忙しい!ってなりますよ。

脳の仕組みで、リラックスして緊張感がなくなると眠くなるんです。これ体の仕組みだから仕方ないのです。

大抵緊張感がない日々を送っているから眠いんです。暇さえあれば眠いというより、暇だから眠くなる。こう覚えておきましょう。

結論

暇だから眠くなるんです。

本当に眠い病気がある

病気の人もいます。最近話題のナルコレプシー。眠り病などと言われています。

こうなると根性論が通用しません。病院で解決してください。

専門のサイトがありますのでリンクしておきます。