スポンサーリンク

風邪対策をしよう

2020年8月26日

いよいよ12月に入り、寒さが本格的になろうとしている。
実は2日ほど前から喉の痛みと体の気だるさから会社を休んで・・・無理していきました。
まだまだ序の口の寒さでちょっとした風邪で会社を休もうものなら、本格的な冬将軍の前にほぼほぼ倒れるであろう俺が有給を使いまくるのは目に見えるところなので。
だから我慢して行ったという。
大体3月まで寒い。今月は始まったばかり。まるまる4ヶ月ほど寒いのだ。
発熱を伴う風邪をだいたい4ヶ月の間に3回は引くとしよう。2日休むとすると9日有給がないと心もとない。
まあそこまで休まないにせよ、今程度の寒さでの風邪では休んでいられない。
同じ境遇の人多いのでは・
そこで調べた風邪対策。

辛いノロ系の胃腸風邪

怖いのがノロ。下痢や嘔吐を繰り返し、辛いノロ。胃腸風邪とも言われている。
対策は、予防としてマスク、手洗い、空間除菌が良いらしい。空間除菌って初めて聞いたけど、
空間を塩素系の消毒の応用で消毒するというもの。これいいじゃん。ッて思ってもどうも微妙な事書いている記事があった。
空間除菌の効果
まあなんでもそうだけど賛否両論っていうのは納得。まあ密閉空間に近い場所以外なら使ってみたいね。
ノロでの吐き気や下痢についても気をつけるべきだけど、驚きの事実があった。
下痢や嘔吐を伴う風邪、まあノロだけど、普通熱が高くて吐き気があるときって、何度か水分を摂らせようと頑張るけど、これって頑張っては行けないらしい。無理やり水分を摂らせるのはダメなんだと・・・
知らなかった。
ほんの少量すなわちスプーン1杯程度の水分補給をおこなえばいいんだって。ようは、水すらも嘔吐するようではナンも入れないほうが無難ということらしい。脱水症状が心配だけどなるほどあまり心配ない方法なんだね。→胃腸風邪の原因と対策
胃腸風邪って辛いから絶対かかりたくないよね、まああまり食べ過ぎないように、さらに冷たいものを食べ過ぎないように注意しつつ、空間除菌なんかも利用してみようと思う。
あと、今日は喉の痛みと微熱だったんだけど、葛根湯を飲んで会社行ったらなんとか残業まで出来てしまった。しかもこんなブログ更新までしているという元気さ。
葛根湯を飲んでも眠くなるわけじゃないし助かるよ。引き始めでも飲んで大丈夫だからフライングでもオッケー!
また、体を常に暖かくするためにも生姜系のサプリメントを常に飲んでいると体ぽかぽかで良いみたい。
体温が36.5度の人は免疫が強くて風邪に強いらしいですね。自分も平熱が36.3度なので少々高めようと思っている。そんな人だったら生姜などの温かい系サプリや直接生姜を食べるのもいいですね。
しかし刺激が強いからサプリという洗濯も懸命でしょう。
お風呂は入ってもいいらしいです。あまり高熱があるとアタマを洗うのは個人的に嫌ですが、どこの病院で医師に聞いても風邪の時はお風呂は大丈夫だって。
ただ、

  • アタマはしっかり乾かすこと
  • 辛い時は無理して入らない

これを守れば逆にお風呂は雑菌やウイルスを洗い流してくれるそうな。