セノビルとセノビック

セノビルとセノビックを比較すると値段が違いますが、セノビックは小学生向き、中高生になるとセノビックよりセノビルが年齢的に向いています。

年齢に応じて商品選定を変えたほうがいいのですが、最近セノビルに、小学生向きのキッズセノビルという商品が販売されました。

比較するならキッズセノビルとセノビックを比較したほうがカテゴリ的に良いため、キッズセノビルとセノビックを比較してみましょう。

想定年齢はキッズセノビルは3歳から9歳、セノビックは指定なしで、成長期をフルカバー。セノビックはセノビックプラスへとチェンジしました。


製品別主要成分
キッズセノビルはアルギニン、シトルリン、オルニチン、コラーゲン、グリシン、ビタミンD、カルシウム、マグネシウム、乳酸菌

セノビックはカルシウム、ビタミンD、ボーンペップ、鉄、オリゴミル、ビタミンK、ビタミンC

となっております。双方カルシウムはあるのですが、その他の成分については、特徴があります。バランスよく栄養が補給できるため、成長期の栄養補給にはどちらもよさそうです。

年齢的にもまだ子供のためそれぞれ成分が特出して多いわけではなく、刺激は負担が大きいと言った不安もないでしょう。子供向けの調整ですね。

どちらを選ぶかは『価格帯から、長い間継続できるか』がカギと思われます。家庭の事情でその金額までなら出せる、という基準で、末永く試して将来の理想の身長をゲットさせてください。数か月だけなら使えるけどあとは無理・・・では無意味とまでは無くても、限りなく意味が無いと思います。