体を引っ張ると身長は伸びる?

宇宙ステーションで半年暮らしていると身長が7センチも伸びた!という話は聞きますね。

参考→ファンファンJAXA

人間はたくさんの骨が軟骨でつながっているため、無重力空間では重力から解放されて骨の隙間が伸びて身長が伸びる!ということです。もちろん地上に戻ってしばらくすると元に戻るといいます。

骨自体が伸びるわけじゃないため、身長が伸びることにはならないわけです。

体を引っ張ると身長が伸びるというのは軟骨の部分が伸びて体の全体が数センチ伸びるということなので、本当に身長が伸びるというわけではないのです。これは大人に限っての話です。

まだ成長期だったら?!

身長を伸ばす要素は運動だったり食事だったり、遺伝だったりと複雑です。ストレスによっても身長が左右されるということも。

これらをすべて潰すことはできなくても、改善しながら生活することで身長を伸ばすことにつながる可能性はあります。体を引っ張るというのもその一つでしょう。ぶら下がりで身長が伸びるという話もよく聞きます。

成長期の人は骨の両端に骨端軟骨があり、それがまだ柔らかく、伸びしろがあるから伸びるので、その骨端軟骨の重力を開放するという意味では、引っ張ることで身長が伸びやすくなるという理論もあながち否定できません。

筆者も体を引っ張るマシンを買いました。と言っても15年も前です。1年ほど15分毎日引っ張り続けました。

結果は2mmくらい伸びたのかもしれません。2mmってその日の時間や仕事の内容によって変わる誤差のようなもので、伸びたか、変わらないか、まったく自信をもって伸びたなどと言えません。

理屈としては、大人でも引っ張ることで骨と骨の間で隙間ができて、それを補うために骨が作られる。そうすることで骨自体を伸ばして身長を伸ばすということ。理屈はわかるが本当なのか科学的根拠、エビデンスがあるなら良いが、ウェブ上を探してもエビデンスが見つからないです。

トールマンDX
トールマンDXを畳んだところ。上半身固定バーが無いため牽引すると上半身が移動してしまう・・・

あと、調子に乗って引っ張りすぎて、体に負荷をかけすぎると腰痛になりました。引っ張るだけ引っ張ろうとすると体を痛めます。筆者の使っていた引っ張る牽引機は”トールマンDX”という機種です。こちらの機種、引っ張りすぎ防止のため、最近主流のわきの下に棒をつけて上半身を固定バーがあるのですが、それがありません。自重により負荷がかからない優しい仕様となっています。それでは物足りず、腕の力で上半身を固定して耐えてました。どうせ買うなら上半身固定バーがあったほうが面白いかもしれません。

大型の器具なので使わなくなってしまったら邪魔になっております・・・

体を引っ張って身長を伸ばしてみたいなら、成長期の人だけでしょうね。当時30過ぎで1年間毎日引っ張り続けましたが、ほぼ伸びなかったため、大人は無理と個人的体験での意見です。参考にしてください。

最善を尽くしていろいろ取り組もう

もしまだ成長期の年齢すなわち男子22歳くらいまで女子18歳くらいまでで、もうちょっと身長が欲しいんだ!って人は最後の悪あがきをしてみるのも悪くないでしょう。最善を尽くして、それでも伸びなかったという結果なら諦めがつきます。筆者も中学時代まではいつもクラスで一番前で、小さかったです。

20歳くらいまでもっといろいろ身長が伸びるための施策をやり切れるだけやっておけばよかったと後悔しております。やりきって今の身長ならもう諦めきれますが、ちょっと悔いますね。もしまだチャンスがあると思われるなら、そんな後悔しない前に頑張ってください。