サバイバルパンエコパッケージの口コミレビュー

何時地震、災害が来るかわからないため、いつもいろんな非常食を常備していますが、以前買っていたサバイバルパンの消費期限が近付いたため食べてみました。5年間何にもなかったので、普通の時に食べる非常食を食べるのってなんだか新鮮。

サバイバルパンエコパッケージはうまい?まずいってことは無い?教えてくれ!

どんなに非常食でもまずいとちょっと嫌ですよね。結論はうまいです!まったくまずくない。むしろおいしい。いやぁ。非常食なのにこんなにうまくていいんですか!ってくらい。味は主観的なのですが個人的にすごくうまいですよ。

1箱110グラムで2個入りです。
カロリーは1個当たり204kcalとごはん一杯くらいです。

緊急時なら1箱有れば1人1日もちそうです。

ちなみにタンパク質は1個当たり4.3gくらいです。炭水化物は28gほど。

成分的にも添加物が見当たりません。添加物は原材料名に/以降に書かれていますが、/表記が無いためすべて食品なのでしょう。普通は食品区分/添加物という記載になっていますので、なかなか安心感もありますね。

味も若干パサつく程度で少しのしっとり感もありますし、万一水が無い場合でもなんとか食べられるかと思います。できれば氷砂糖も非常食に入れておきましょう。三立の乾パンがあると大抵氷砂糖も入っているのでぜひ三立乾パンも用意しておきましょう。

乾パンとサバイバルパンの比較

乾パンは非常食の代名詞ですが、ちょっと比較してみましょう。乾パンも我が家にありますが、こないだ入れ替えたばかりでまだ賞味期限まで頑張ってもらいます。

乾パンのカロリーは1粒10kcalなので、20粒乾パンを食べると200kcalとなり、茶碗一杯のごはん、サバイバルパン1個と同量となります。

乾パン20粒は結構満足しますが、サバイバルパンは1個は余裕で食べられちゃいます。固さや歯ごたえも乾パンの方が強いためかもしれません。

サバイバルパン110g→408kcal

乾パン92g→391kcal

ほぼ互角。ちなみに乾パンの方が固いってことは水分を飛ばしている、つまり軽くなるってことですので、同じ基準と考えていいでしょう。

非常食はしっかり考えられて計算されて作られているんですね。どれを買ってもほぼ栄養価は同じってことです。あとはお好みの味、質感で決めればいい。

知恵袋として覚えておくといいでしょう→農林水産省のページ