オレオと類似品、口コミレビュー

オレオが大好きで食いまくっていますが、類似品がたくさん出回っています。類似品かオレオ、どっちが老舗かわかりませんが、まあいいでしょう。また、オレオが老舗ともいえる事として、クリームをビターチョコのビスケットで挟んであるお菓子イコールオレオってなりますし、国民に広く浸透しているお菓子ですからね。

今回街のスーパー等で見つけたのは3銘柄。ドン・キホーテ、二木の菓子で購入。

カロリーや主要栄養素で比較しましょう。ちなみに各銘柄、栄養表記の基準グラムがまちまちだったので100グラム当たりとして筆者が計算、算出、表としております。

内容量 購入時の値段 100g当たりの単価 カロリー/100g たんぱく質/100g 炭水化物/100g 脂質/100g
オレオ 116g 160円 138円 500kcal 5.4g 70.7g 21.8g
クリームオー 140g 118円 84円 490kcal 6.6g 69g 20.6g
ビエイラ・デ・カストロ 163g 140円 86円 498kcal 5.5g 65.1g 24.1g

やはり本家本元?!のオレオは値段も風格がありますね。主要栄養素もほぼ同じじゃないですか!

原材料もほぼ同じ。

違いは味ですね。

味の筆者主観の口コミレビューとして、

  • オレオは甘さ控えめでもバニラ感は感じる
  • クリームオーはクッキーのビター感強めでクリームはあんまり主張していない
  • ビエイラ・デ・カストロはバニラ感強くて甘さもしっかり

と、比較するため、3銘柄食べ比べた感想です。

比較すると味の違いを感じますが、属性は同じです。オレオ好きな人は、これらどれを食べてもおいしい、好きな味でしょう。

オレオはナビスコ。100年以上の歴史のある、おそらくこの手のビスケットの老舗でしょう。
クリームオーはエヌエス・インターナショナルでメイドイン ベトナム
ビエイラ・デ・カストロは三菱食品が輸入しています。メイドイン ポルトガル

オレオの歴史

オレオは1912年にアメリカで誕生した100年以上の歴史があるんです。超ロングセラーですね。当然類似商品も各メーカー出してきますね。それだけこの手のビスケットは人気があるんです。

さらにオレオに似ている山崎のノアールがあります。オレオがナビスコ、ノアールが山崎、この2社ですが、国産となります。

もともとナビスコはヤマザキナビスコだったため、似ている商品を出しても問題ないと推測しています。

ヤマザキナビスコはナビスコ社の契約を2016年に解消して、離れたんですね。この歴史も調べるときっと楽しいかもしれませんので、ソースを貼っておきます→ウィキペディアのヤマザキビスケットのページ

たくさん買い込んでチビチビ毎日食べています。