遊べない男

遊べない男というのは女性と遊べない、つまり女性と縁遠い男。という意味で使われるのが一般的です。

その他にも趣味がアクティブじゃないというのも含まれますね。
さらに、仕事ばっかりの男。

遊べない男の特徴とは

遊べない男の特徴、行動をまとめてみますと、

平日は遅くまで仕事、土日は買い物行くくらいで、あとは自宅でゴロゴロゲームしているなどなど。

これって遊べない男の行動パターンですよね。たった数行で表現できちゃうくらい行動パターンが同じ。思い当たりませんか?確かに平日仕事ばかりでは土日にグタグタするのもわかるのですが、やはり跳ねのけて遊んでほしいものです。仕事は一生懸命、遊びも一生懸命って若さの象徴じゃないですか!

本人がそれで良いと思って他のアクションを起こさないというのは進歩もないですし、ずっとそのままワンパターン生活を送るでしょう。

3年後も3年前と変わらんなぁ・・・と振り返った時に思うでしょうし、5年後も同じ。
それで良いのでしょうか?確かに人に迷惑かけるわけじゃないですが、きっとこのままじゃ俺は遊べない男だ!やばい脱却しなきゃ・・・と自分を自己分析できているならきっと良い方向へ行くでしょう。

どうすれば遊べる男に変われる?

こんなのはいろいろなところに顔を出せば勝手にそのようになります。会社の飲み会だってあるでしょう。さらに友人知人に彼女がいたら積極的に友達を紹介してもらうようにお願いしてみる等。別に遊び人になることが目的じゃなくて、単純に恋愛していればそれで充分だと思います。彼女がいて他の女性と付き合うなんて裏切り行為ですし。

話を戻しますと、人というのは、しり込みしちゃうと何もアイデアが出ません。攻めは大事です。攻撃は最大の防御といいますが、女性と付き合いたいなら、どんどん貪欲になり、行動をするとたくさんのアイデアが出てきますよ。

勉強だって同じで、ただ机に向かって何しようかなぁ。なんて考えている暇があったら教科書を開いちゃえばいい。勝手に問題解いているでしょうし、これと同様、遊べる男になりたい!って思うのだったら、そのような行動をとにかく起こしてみる。その初めの一歩こそ肝心なのです。

それさえできればあとは自分の好きに行動すればいいです。

アントニオ猪木の格言はいつも自分の行動力を高めてくれます。

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。

まずはその一歩を踏み出そう!

恋人ができたときの充実感

今までつまらなかった人生が、恋人ができたとたんに最高のものになります。これは本当です。筆者は17歳で恋人ができました。それまでの工業高校でクラスに当然ながら女子がいない、もう女性と話したくてしょうがないです。

付き合いたい!いつもいつもそんなことばかり考えておりました。それが行動力をもったおかげで彼女ができ、言葉に表せないほどの充実した、楽しい人生に生まれ変わります。生きててよかったって。

筆者の恋愛体験

人の恋愛なんか興味ないと思うけど念のためこんなのもあるよという事例を紹介します。↓

この時の行動はとにかくアタック!母親が勤めていた会社に中卒で働いていた女の子(2歳下なので当時15歳の彼女)がいて、たまたま社員旅行での全体写真を見て「かわいいね」と一目ぼれ。
その子が筆者のバイト先の近所に住んでいることも分かった。

スーパーのレジ打ちをしていた筆者が勤務中、運よくその子が買い物に来て筆者のレジへ並んだ・・・
もうドキドキ・・・会計が終わって、その子に話しかけた。

「○○(筆者の苗字)っておばさん知っている?その息子なんだけど・・・」
その子は「知ってるー」
そこで 筆者は
「あと2時間でバイト上がりだからジュースでも飲もう」と誘うとあっさりオッケー。

2時間くらい会話していた。そしたらその子が俺に好意を寄せてきて見事付き合い始めた・・・

とまあ、行動力がないと付き合えなかったということで、行動力大事ですぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする